夫婦

ED治療薬バイヤグラ

栄養補助食品 バイヤグラとは、シルデナフィルを成分としているED治療薬であり同一成分含有の薬剤には肺動脈性高血圧症の薬剤も存在し、またバイヤグラは世界でも初めて男性の方に起こるEDを治療出来る薬として1999年に登場し薬価の基準を持たない未収載の薬でしたが2004年には特許期間を満了したので各製薬会社から後発薬も登場しており、低価格でEDを治療出来る様になりました。
販売を独占出来る権利である特許は期間を満了しない限りジェネリックを製造販売する事は出来ませんが、期間中であるにもかかわらずカマグラゴールドというジェネリックは存在しこれには賛否両論ありますが、印度製の後発薬であり正確にはコピーされた薬剤という表現が正しいですが国際特許の関係上から加盟していない印度は期間を無視して製造する事が行え、カマグラゴールド以外にも異なる疾患を治療する薬剤も期間中であるにも関わらず数多くの製品の販売が行われています。
他にもバイヤグラは社会問題を巻き起こした事もあり、発売当初に狭心症を患う高齢の男性の方がニトログリセリン所謂、硝酸剤との併用により性交直後に心停止を起こし死亡した例もあり、一件ではなく数件の例があり個人輸入による使用は危険と判断され異例の速度で医師から処方される処方箋薬として販売が行われる運びになりました。
また当時は個人輸入を代行するサービスを業とする業者の一部には偽物や違法な販売を行う者もおり、ジェネリックであるカマグラゴールド等を個人使用する事はある程度の危険を伴うという事があります。
作用機序としては、陰茎内にある環状グアノシン一リン酸の分解を行ってしまう5型ホスホジエステラーゼ酵素が活性化する事を阻害する事で血管を拡張させる事ができ、血流量を増加し改善する事が機能が回復するとされ、性交前の一時間位前の投与で正常な性交を営む事が出来る様になるとされます。
媚薬効果等があると考えている方が中にはいますが、局所的な作用のみでありリビドーを亢進させる等の作用は一切持たないのであくまで局所に作用する薬になるので異なる効果を期待する事は出来ません。